前回の記事で、9月末まで発売の特企券「おためしチケットレス特急券」を使えば格安で特急指定席に乗車できるとご紹介しました。

今回は私が実際に使用した特急券、指定券をご紹介します。

image
image

まずは前回の記事で乗車レビューをお届けしたスーパーはくと11号の特急券と指定券です。

特急券のほうは赤印字で「指定券発行済み」と書かれてあります。

下の指定券のほうが、所謂の特急券に似たレイアウトになっています。相違点は金額が印字されていないのと、「同時発券の切符と…」の注意書き、右下のマル特くらいでしょうか。

image
image

こちらはくろしお11号の券です。実はスーパーはくとの前日にはくろしおにも乗車していました。その模様は近々ご紹介できればと思います。

しかし、上の特急券には「在来線指定席特急券」とあって、また指定券が別になっているとはまるで特別急行券というより普通急行券のようです。

特急券というのは座席指定までがセット特急自由席というのが例外的なものです。ですから「指定席特急券」というのは本来は正しくない表記ということになります。

ただこの券では当該列車であれ後続列車であれ自由席には乗車することができませんので、本当に指定席限定だということであえて「指定席特急券」という語を使用しているのでしょう。

ほかのJRはわかりませんが、JR西日本は「チケットレス」と謳っていてもみどりの窓口やみどりの券売機で普通に発券することができますので、この特企券を使う際はぜひ記念に発券してはいかがでしょうか。