玉石混交のTwitterを見ていたら、以下のようなツイートが回ってきました。


一見有用なツイートですが、実は明らかに「石」のツイートです。

そもそも座席回転ペダルを踏むとリクライニングが戻るのは、リクライニングが機能した状態で座席を回転させようとしてしまったときのため、あるいは清掃員が簡便にリクライニングを戻すためであり、一般客がリクライニングを戻すそれ自体を目的としているわけではありません。

それどころか、下手すれば車内事故につながってしまう危険性も潜んでいるのです。



Twitterで検索をかけると、このような声が聞こえてきます。

座席転換ペダルを踏むと当然座席の固定が外れるので、リクライニングが戻った後きちんとロックをかけずに中途半端な状態で放置してしまうと列車の揺れなどで勝手に座席が動き、大変危険です。


また、私もフォローさせていただいている本職の方も実際にこのようにツイートされています。

そもそも座席は1人1席しか使わないわけで、1席くらい普通にリクライニングレバーで戻せばいいわけで、わざわざ座席転換ペダルを使う必要はありません。例のツイートのリプ欄で得意げに知っていました自慢している人たちも明らかに通ぶりたいんだか本職ぶりたいんだかというようなアレで、正直キツいです。

本来この手の内容はTwitterでツイートして終わりなのですが、今回に関しては普通に危険なことと、多くの人がそれを知らずに拡散したり真似しようとしていたことを理由としてブログの記事にもしました。

このブログではたかが拡散力は知れていますが、1人でも多くの方に危険性を知っていただければ幸いです。