FullSizeRender

久しぶりの乗車券ネタです。

加古川駅の加古川線の中間改札にあるPOS端末発行の新大阪➡︎立花(経由:東海道)の乗車券です。

なぜ加古川線を微塵も掠っていない乗車券が加古川駅の中間改札のPOS端末から出てくるのか首を傾げている方もいらっしゃるかもしれませんが、もともと「新大阪➡︎(環)福島」の乗車券で大回りをしようと思っていたところを大阪駅で福知山線谷川まわりに変更としたのが発端です。

本来ならば大阪駅で区間変更を行なうのが正当ですが、乗換時間の関係上断念。丹波路快速でも車掌さんの巡回をボーッとしていたため逃してしまい、篠山口駅では「途中駅では区間変更できない」と拒否され、谷川でも時間の都合上できず、加古川線はワンマンのためここでもできず、結果変更できないまま加古川駅の中間改札まで来てしまったのです。

てっきり改札補充券での扱いになると思い「迷惑をかけて悪いなぁ」なんて思っていたのですが、原券を一度払戻し後に新券を新規発行することで対処されました。

非常に慣れた手つきであったので、おそらくこれがここでは正当な取扱いになるのだと思います。

原券は1度乗車変更しており、また差額分の支払いはICOCAカードで行ないましたが、特に券面にそのような印が付記されることはありませんでした。

発行場所は「加古川駅101」となっています。本来ならば「加古川駅001」となるところですが、中間改札にあるということで100番台を割り当てたというところでしょうか。