大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)によりますと、きのう同社の社員が覚醒剤取締法(使用)の容疑で逮捕されたということです。

逮捕されたのは、同社の鉄道事業本部所属の駅務係員の男性です。

同社はきのう大阪府警より当該社員を覚醒剤使用の容疑で逮捕した旨の連絡を受けたということで、きょうになって発表しました。

なお、当該社員の駅務していた駅名等は発表されていません。

社員の逮捕を受けて、同社は「このたびのことは、安全を提供する交通事業者として、あるまじき行為であるとともに、お客さまの信頼を著しく損なうものであり、誠に申し訳なく、深くお詫び申しあげます」としています。

<外部リンク>
大阪メトロ ニュースリリース(上記引用元同じ)